読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旬を懐かしむ『こよみ乃ごはん』

旬のものって、なぜか心躍らされる♡旬は、カラダがその時期欲しているから旬なのであると同時に、それに触れることで季節感や風情を感じることができるからワクワクするのだろう。そんな旬を追い、季節を感じることで、自然のリズムを知り自然と調和した自分を作り出してもらえればと思います。ローフードスクールを7年やってきて導き出した、自然のリズムで生きるライフスタイルのカケラをこの場で提案出来ればと思います。

リマインダ5.かすみはじめてたなびく

f:id:shokubutsuryoku:20170223193745j:image

皆さん、こんにちは^ - ^

旬を懐かしむ「こよみ乃ごはん」×ももせあつしです♪

2/23からこよみは5.雨水 霞始靆(うすい かすみはじめてたなびく)になりました。移りゆく季節から自然のリズムを感じ、自然とのつながり、うちなる自分自身を懐かしみましょう。

 

霞とは温められた空氣中の水分(霧)が薄い帯のように見え視界が悪い状態のことをいい、たなびくとは霞や雲が横に長く引くような形で漂うことをいいます。

霧は空氣中の微小な浮遊水滴により、視程が1km未満の現象のこと、もや(靄)は視程が1km〜10km未満となっている現象のことをいいます。霞は、平安時代ごろから春にかかるものを霞、秋のものを霧と区別して呼ぶようになったそうですよー。ですので、天気予報などでは霧やもやは使っても、霞は使わないようです。たしかに霞って言葉は風情というかイメージを伴う言葉ですよね‼︎

 f:id:shokubutsuryoku:20170223195454j:image

春霞(はるがすみ)たなびく山の桜花(さくらばな)見れども飽かぬ君にもあるかな


紀友則(きのとものり) 古今和歌集


春霞がたなびいている山の桜はいくら見ても飽きることがありません。それと同じように、いくら逢っても飽きることはないんです、あなたには。

 

霞を調べていたら、ふと目に入ってきた和歌。こよみのことを書いた情報ページには決まって和歌が載っているので、僕は語らないようにしていたのですが笑、この和歌を詠んだ時にあんまりに素敵な情景が目に浮かんでしまったのでシェアしますf^_^;これが霞の影響でしょうか。それとも、春はネコも恋する季節、笑。僕も恋氣にあたったのでしょうか笑。

ここ2週間ほど大根と乾物しかなかった我が八百屋さんにもやっと春の氣配が訪れ、来週からにんじんと菜の花が入荷予定なのです♡

その情報を聞いて、もうそれはそれは嬉しくって…。

春っていいですね‼︎

f:id:shokubutsuryoku:20170223195256j:image

今日は久々、はづ先生の朝ヨガクラスにも間に合いました‼︎

f:id:shokubutsuryoku:20170223192951j:image

30分だけでしたが、カラダの声に向き合う時間が取れ楽しい時間でした‼︎僕はダイヤモンド級にカラダが硬いのです。ダイヤモンドクラブって呼んでます。そんな中でもカラダの声は聴けるので、ヨガって面白いですね。

f:id:shokubutsuryoku:20170223193105j:image

今日のグリスムは、パインベースに伊藤さんちの無農薬晩白柑とグリーンリーフのスムージー。春の苦味がやや感じられるお味でした♡いろいろ楽しみな季節が来ますねー‼︎

f:id:shokubutsuryoku:20170223193332j:image

◆リマインダって何?
「こよみ乃ごはん」では、旬を感じ自然とのつながりを感じて生きていくことが自分自身の健康や美を保つ大切なキーワードだと捉えています。
しかし常に意識し続けることはなかなか難しいもの。
そこで5日にいっぺん届く「こよみ(七十二候)」をリマインダとし、日々移りゆく自然のリズムを自身のリズムとして身につけていただこうと考えております。
七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。
各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっていて、古来から農業など自然に関わる仕事の目安になってきました。
こちらのblogでは、七十二候の解説とともに、旬のやさいや料理の紹介や日本の良さをお伝えし、皆さんとともに自然のリズムで生活する知恵を共有することを目的としています。

植物のチカラ〜不眠症対策のご相談〜

f:id:shokubutsuryoku:20170222145506j:image

皆さん、こんにちは^ - ^

植物力研究室gut feeling room ×ももせあつしです笑♪

 

なんと‼︎

植物力研究室gut feeling roomの名前でblogを書くのは初めてかも…。

自分的にちょっと意外でしたが、

もともとは、

植物の偉大なチカラを生活に取り入れ、

人間本来が持つ健康や美を輝かせましょう

という理念の『植物力研究室gut feeling room』が最初にありました。

f:id:shokubutsuryoku:20170222145612j:image 

その中に、

自然のリズムを意識した食スタイルの提案(レッスンやカリキュラム)に特化した『旬を懐かしむ こよみ乃ごはん』ができ、

旬のおやさいの宅配や販売、やさいに関連する様々な御用聞き(お店のレシピや食材のコンサル的なこと、畑付住宅物件を探して欲しいといった依頼まで笑)に特化した『旬のおやさい御用聞き みつばちハッピ』

が、なんとなく出来てきてしまった訳ですf^_^;

で、レッスンとリマインダ記事をメインにblogを書き出したので、blogを読んでくれる皆さんには「こよみ乃ごはん」の人になっているんですが、本来は植物力研究室の人なのです笑。

 f:id:shokubutsuryoku:20170222145637j:image

ということで、こんな依頼も来るわけです。

 

不眠症で寝つきがあまり良くないんだけど、薬以外の食べ物や何かで解消出来ないかなー⁇」

 

もちろん、毎回ビシッとお応えしています‼︎(即答出来ないこともありますが…笑)

 

不眠症の原因はいくつかあります。

①身体の不調によるもの

これは、中枢神経疾患、循環器疾患、呼吸器疾患などによるもの。中枢神経疾患とは脳の機能の異常がもたらすもので、統合失調症躁うつ病、不安障害、適応障害てんかんパーキンソン病などがあります。循環器疾患とは心臓や血管の異常がもたらすもので、高血圧、心疾患(急性心筋梗塞などの虚血性心疾患や心不全)、脳血管疾患(脳梗塞脳出血くも膜下出血)、動脈瘤など。呼吸器疾患とは呼吸器の異常がもたらすもので、ぜんそくなどがそれにあたります。これらの症状が原因で精神的不安定を招いたり、実際呼吸が苦しいなどの不調が起こり寝つけない…となります。

②生活習慣によるもの

こちらは時差ボケなどもそうですが、夜勤や深夜にわたるお仕事などで寝られない日が続いた。夜に交感神経を刺激するパソコンやスマホの扱い過ぎや夕飯の食べ過ぎや食べているものの食習慣などが原因で起こります。

心理的原因

イライラや不安や緊張など極度のストレスを抱えることで起こります。

④薬理学的原因

これはアルコール、カフェイン、ニコチンなどの過剰摂取により、その作用により寝つけなくなることです。

これらの原因がもとで起こることが多いので、1番の解消法は自分自身を見つめなおし、まずは原因となっているものを改善することが大切です。

 

健康を考える時、我々はとかく良いものを摂り入れようとする傾向がありますが、いくら良い食べ物やサプリメントなんかを摂り入れるようにしても、原因をおざなりにしていたらせっかくの良いものもその効果を発揮出来ません。まずは悪いものを摂り入れない状態にして、それから良いものを摂り入れたほうが効果的なのです。

f:id:shokubutsuryoku:20170222145747j:image 

では、原因もつかめ、なるべく原因になるものは避けるような意識が出来たら、次は不眠症対策です。

 

まず、オススメは食べ物。

我々のカラダは食べているもので出来ています。

日々の食事で何を食べるかは非常に重要です。

不眠症に特化していうと、トリプトファンを多く含む食材がオススメ。トリプトファンとは、カラダの調子を整える脳内物質セロトニンの材料になります。セロトニンが不足すると体内時計が狂い、睡眠を促すメラトニンの合成がしにくくなるというわけ。

 

で、トリプトファンを多く含む食材は…

f:id:shokubutsuryoku:20170222145808j:image 

大豆、納豆、豆類、お米、バナナ、パイナップル、アボカド、アーモンドなどになります。

 

豆類は昔から日本人の食事には必須の食材ですね。煮豆で食べるも良し、豆ごはんも良し、味噌や醤油も大豆から出来ています。これらを食事に上手に取り入れましょう。納豆などは非常に取り入れやすい食材ですが、売られているものはちょっと現在が不安だし、納豆菌は強いので、週に数回にするほうが良いかもしれませんね。

 

続いて、眠りやすい環境を整えることも重要です。

例えば、午後15時以降のカフェインは摂らないようにする。睡眠をとる部屋に携帯やパソコンを持ち込まないようにする。頭寒足熱を心がけ、眠りにつきやすくするなどです。また、眠くないのに、時間だから寝よう寝ようとするのも、逆にストレスがたまります。眠くないならベッドに入らないほうが良いかもしれませんね。

 f:id:shokubutsuryoku:20170222145835j:image

メディカルアロマを利用する。

これは食べ物より即効性を感じられ、かつ薬のような副作用の不安がないので、効果を実感したい方には1番オススメかもしれません。

 f:id:shokubutsuryoku:20170222145506j:image

メディカルアロマとは、オーガニックな原材料を使用し、安全な製法で、植物の持つ薬理効果を最大限に活かしたアロマセラピーです。もちろん、市販されているアロマならどれでも良いというわけでないのでご注意下さい。

なぜかというと、香りは嗅上皮を通り大脳に数秒で届きます。大脳に届いた後、その香りのもつ化学反応で、ホルモンバランスを調整したり、身体の働きに作用するからです。エッセンシャルオイルのグレードによって使用の仕方も変わるので、良かれと使ったアロマが…なんてこともなきにしもあらずです。

 

不眠症には、

◆ラベンダー

ローマンカモミール

◆マジョラム

◆オレンジ

◆イランイラン

フランキンセンス

ゼラニウム

◆クラリセージ

あたりがオススメです。

f:id:shokubutsuryoku:20170222145923j:image

これらの精油は緊張や不安やイライラを取り除く働きがあります。また、ラベンダーやローマンカモミールは特に副交換神経を優位にするような働きもあるのでリラックスして眠りにつけます。寝る前に1〜2滴を耳たぶから耳裏を軽くマッサージするようにつけてあげると、ウソみたいにスーと寝れますよ笑。

寝る時だけでなく起きた時は、ペパーミント、ローズマリー、レモンあたりを1〜2滴手に垂らし、嗅ぐようにすると、香りの作用が交感神経と副交換神経のスイッチをうまく切り替えてくれるので、自分が意識しなくても体内時計のリズムをうまく作ることが出来てきますよ♡

f:id:shokubutsuryoku:20170222150016j:image

植物の持つチカラは本当に偉大です‼︎

今一度そのことに目を向け、もっとイキイキと毎日を過ごせたらいいと思います。不眠症に限らず、植物力で対処できる体調不良はたくさんあります。僕自身も植物のチカラでアトピーがなくなってしまいましたし、植物力を伝えた周りの友人も婦人科系が解消されたり、さまざまな体調不良を解消しています。本当に植物ってスゴイです♡感謝。

 

リマインダ4.つちのしょううるおいおこる

f:id:shokubutsuryoku:20170221170827j:image

皆さん、こんにちは^ - ^

旬を懐かしむ「こよみ乃ごはん」×ももせあつしです♪

2/18からこよみは4.雨水 土脉潤起(うすい つちのしょううるおいおこる)になりました。移りゆく季節から自然のリズムを感じ、自然とのつながり、うちなる自分自身を懐かしみましょう。

 f:id:shokubutsuryoku:20170221171131j:image

雨水は昔から農耕の準備を始める目安の時期と言われています。昨日は東京も雨が降りましたが、冷たい雪も温かい雨へと変わり、氷や雪が溶け始める頃。つちのしょう うるおい おこるとは、雨で土が湿り氣を帯びて、眠っていた大地が徐々に生命の息吹を取り戻すといった感じでしょうか。体感でも春を感じる日が日増しに増えてきましたね。

f:id:shokubutsuryoku:20170221171146j:image 

私事ではありますが、先日ちょっとした知り合いが腎臓を痛めたことをキッカケに仕事中に突然倒れくも膜下出血。もう5日も意識不明の重体です。彼はまだ40代後半。まだまだ人生これからです。肝腎かなめとも言われる沈黙の臓器・腎臓を痛めた時も体調を軽んじ、市販の薬を飲んで対応してました。今回もこの薬を飲んだ後の出来事でした、、、。

 f:id:shokubutsuryoku:20170221171217j:image

僕は両親やご先祖様のおかげさまで健康なカラダに生まれ育ち、現在もさほど悪いところがありません。メディカルアロマや健康的な食スタイルも知ることができ、幸せな日々を送っています。

 

どんなにお金があっても、素敵な仲間がいても、生きがいになる仕事や趣味があっても、ベースに健康がなければ何も楽しめません、、、。

 

健康って難しいことや大変な思いをして手に入るものではありません。極々シンプル。自然との調和を保つことを意識するくらいで出来ることはたくさんあります。彼にもっと伝えられなかったことが残念でなりません。

 

なんだか暗い話をツラツラと書き連ねて申し訳ないです。でも、せっかくの春なのに、、、。

 f:id:shokubutsuryoku:20170221171253j:image

今の僕に出来ることはそれほど多くありません。

でも、

もっとシンプルに。

もっと多くの人に。

メディカルアロマや食の情報を伝えていきたいと思います‼︎僕も含め、健康は当たり前にあるものではない。今あるものに感謝の心を忘れず、強くいきます‼︎

春の決意‼︎

f:id:shokubutsuryoku:20170221171311j:image 

今日はtram stop tokyoさんでみつばちハッピの野菜の直売をさせてもらっています。明石さんちの自然栽培野菜輝いていますよー♡

 f:id:shokubutsuryoku:20170221171322j:image

◆リマインダって何?

「こよみ乃ごはん」では、旬を感じ自然とのつながりを感じて生きていくことが自分自身の健康や美を保つ大切なキーワードだと捉えています。

しかし常に意識し続けることはなかなか難しいもの。

そこで5日にいっぺん届く「こよみ(七十二候)」をリマインダとし、日々移りゆく自然のリズムを自身のリズムとして身につけていただこうと考えております。

七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。

各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっていて、古来から農業など自然に関わる仕事の目安になってきました。

こちらのblogでは、七十二候の解説とともに、旬のやさいや料理の紹介や日本の良さをお伝えし、皆さんとともに自然のリズムで生活する知恵を共有することを目的としています。

2月 ほぼ写真で綴る こよみ乃ごはんレッスン@しほりんち

f:id:shokubutsuryoku:20170218152359j:image

皆さん、こんにちは^ - ^

旬を懐かしむ「こよみ乃ごはん」×ももせあつしです♪

 

今月もお酒とローフードと旬のマリアージュを楽しむ「こよみ乃ごはんレッスン@しほりんち」2月度のレッスン開催されましたー。

f:id:shokubutsuryoku:20170216052858j:image

スターティングメンバーのK子さんが無事に山籠りから帰還。今年初のフルメンバーかと思いきや、TVでも引っ張りだこの猫ヨガインストラクター Mリンがお仕事でお休み。ざんねん。

今日の僕の持ち寄り酒は、神奈川の活性にごり酒

酵母が生きてるシュワシュワ系日本酒です♡

f:id:shokubutsuryoku:20170216052840j:image

まずは乾杯‼︎

朝10時、乾杯からスタートするレッスン。

テンションあがるー笑‼︎

f:id:shokubutsuryoku:20170216052918j:image

本日のおつまみは、しほりんが用意してくれたクリームチーズ&いぶりがっこ。僕の用意した焼き酒粕、ナッツ諸々。

f:id:shokubutsuryoku:20170216053911j:image

さらに、K子さんが山から持ち帰った2種の酒盗

どれもシブい‼︎美味い‼︎

 お酒がすすむくんです。

もちろん、ちゃんとレッスンもしましたよ。

f:id:shokubutsuryoku:20170216053138j:image

yo-yoさんが宇和島の田中さんのブラッドオレンジを持ってきてくれたので、そちらを使ってブラッドオレンジと白菜の甘酢風サラダ。

f:id:shokubutsuryoku:20170216053209j:image

ブラッドオレンジはまさに血のような果汁。

f:id:shokubutsuryoku:20170216053153j:image

白菜の白いとこのシャキシャキ感をサラダにします。こちらは餃子屋さんで食べた中華料理のサラダが元レシピになっています。

f:id:shokubutsuryoku:20170216053227j:image

ということで、ロー餃子も作りましたよ^ - ^ 

f:id:shokubutsuryoku:20170216053245j:image

皮は大根です笑。

f:id:shokubutsuryoku:20170216053303j:image

 本物みたく、皆で包みます‼︎

f:id:shokubutsuryoku:20170216053322j:image

味は餃子味、笑。不思議な美味しさです。

f:id:shokubutsuryoku:20170216053445j:image

そして、こちらもビックリなサイズのシイタケ。

f:id:shokubutsuryoku:20170216053531j:image

デカイー♡yo-yoさんの差入れです。

f:id:shokubutsuryoku:20170216053549j:image

こちらはボイルで♡美味かった‼︎ 

f:id:shokubutsuryoku:20170216054055j:image

本日は大根に白菜がメイン食材なため、カラフル感にかけたので、彩りにフルーツを。

f:id:shokubutsuryoku:20170216054114j:image

バレンタインということで、yo-yoさんのローブラウニー、アボカドクリームのパフェ、もうひとりのK子さんのかわいいお菓子とスイーツも充実でした‼︎

f:id:shokubutsuryoku:20170216053608j:image

中華料理を作ったと思えない華やかさ☆

f:id:shokubutsuryoku:20170216053754j:image

ウニたんもご満悦。来月はどんなお酒にしようかなー♡

f:id:shokubutsuryoku:20170216053817j:image

リマインダ3.うおこおりをいずる

 f:id:shokubutsuryoku:20170216045247j:image

皆さん、こんにちは^ - ^

旬を懐かしむ「こよみ乃ごはん」×ももせあつしです♪

2/13からこよみは3.立春 魚上氷(りっしゅん うおこおりをいずる)になりました。移りゆく季節から自然のリズムを感じ、自然とのつながり、うちなる自分自身を懐かしみましょう。

f:id:shokubutsuryoku:20170216045530j:image 

うおこおりをいずるとは、暖かさを感じた魚たちが活動的になり、割れた氷の下から跳びはねる頃ということ。前回のうぐいすが春告鳥と呼ばれているように、魚にも春告魚と呼ばれるお魚さんがいます。 昔はニシンが春告魚と呼ばれていました。「そうそう、春はニシン」、、、と思った方はややオールドなご年齢かもしれませんね笑。海洋環境が変わり今では漁獲量が激減しているためあまり獲れず、スッカリ春はニシン説は下火にあります。関東や東海ではメバルと言われています。これはメバルの産卵期が初春でその時期が一番美味しい季節なので春告魚とされています。他にもサヨリイカナゴ、ハマトビウオなど。それぞれの地域にそれぞれのお魚さんがいますねー♡ちなみにわたくしの春告魚は、サワラ。なんでかって?魚へんに春って書くからです笑。

 f:id:shokubutsuryoku:20170216045312j:image

そんな魚も踊る中、わたくしイベントのお手伝いに行ってきました^ - ^

地名の吉祥寺のもとになっているお寺「吉祥寺」さんでの坐禅と生け花の体験プログラム。

f:id:shokubutsuryoku:20170216045340j:image

今年の坐禅指導は、一照さん。生け花指導は我らが奥平先生の豪華2共演‼︎僕の大好きな2人が両先生なんて堪らなく贅沢‼︎

f:id:shokubutsuryoku:20170216045400j:image

昨年より格段にパワーアップしたイベントになっていて、日本を訪れている外国人留学生にもまたとない体験になったと思います。

こういう体験をもっと日本人にして欲しいなー。

奥平先生にご協力いただいてイベントをやるしかない‼︎

詳細はまたご報告します^ - ^

f:id:shokubutsuryoku:20170216045444j:image 

◆リマインダって何?

「こよみ乃ごはん」では、旬を感じ自然とのつながりを感じて生きていくことが自分自身の健康や美を保つ大切なキーワードだと捉えています。

しかし常に意識し続けることはなかなか難しいもの。

そこで5日にいっぺん届く「こよみ(七十二候)」をリマインダとし、日々移りゆく自然のリズムを自身のリズムとして身につけていただこうと考えております。

七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。

各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっていて、古来から農業など自然に関わる仕事の目安になってきました。

こちらのblogでは、七十二候の解説とともに、旬のやさいや料理の紹介や日本の良さをお伝えし、皆さんとともに自然のリズムで生活する知恵を共有することを目的としています。

リマインダ2.うぐいすなく

f:id:shokubutsuryoku:20170210113933j:image

皆さん、こんにちは^ - ^

旬を懐かしむ「こよみ乃ごはん」×ももせあつしです♪

2/8からこよみは2.立春 黄鶯睍睆(りっしゅん うぐいすなく)になりました。移りゆく季節から自然のリズムを感じ、自然とのつながり、うちなる自分自身を懐かしみましょう。

f:id:shokubutsuryoku:20170210114137j:image 

うぐいすなくとは「うぐいすが山里で鳴き始める」という時期。うぐいすの初鳴日は、現在でも気象庁の生物季節観測のひとつで、春の訪れとされています。夏の間は山地で過ごすうぐいすは、秋になると人里近くの森ややぶに移動して冬を過ごすそうです。このころは、笹鳴きといわれる鳴き方で、「チャ・チャ・チ ャ」と鳴き、早春から「ホーホケキョ」をさえずり始めるんですって。

実は氣づいてないだけで、うぐいすは鳴き方を変えて身近にいるんですね。面白いですね‼︎

 

うぐいすの笹鳴き

https://youtu.be/YXxYbOozHSY


生物季節観測とは、

全国の気象官署で統一した基準によりうめ・さくらの開花した日、かえで・いちょうが紅(黄)葉した日などの植物季節観測や、うぐいす・あぶらぜみの鳴き声を初めて聞いた日、つばめ・ほたるを初めて見た日などの動物季節観測を行っています。
観測された結果は、季節の遅れ進みや、気候の違いなど総合的な気象状況の推移を把握するのに用いられる他、新聞やテレビなどにより生活情報のひとつとして利用されています。
(↑気象庁のサイトより)

f:id:shokubutsuryoku:20170210114755j:image 

気象庁の方々は動植物の生態観察なんかも仕事なんですねー。自然と共に生きる動植物の知らせをもとにしてるってやっぱり‼︎って感じですよね。

 

うぐいすは鳴き始める季節が早春であることから春告鳥(はるつげどり)の別名があります。これから、どんどん春の知らせがやってきますね。冒頭に菜の花の写真を載せましたが、黄色い花が咲き始めるのも春の訪れのひとつなんですって。

f:id:shokubutsuryoku:20170210114840j:image

ちなみに、自分は只今絶賛‼︎春のデトックス中ですー‼︎

 

◆リマインダって何?

「こよみ乃ごはん」では、旬を感じ自然とのつながりを感じて生きていくことが自分自身の健康や美を保つ大切なキーワードだと捉えています。

しかし常に意識し続けることはなかなか難しいもの。

そこで5日にいっぺん届く「こよみ(七十二候)」をリマインダとし、日々移りゆく自然のリズムを自身のリズムとして身につけていただこうと考えております。

七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。

各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっていて、古来から農業など自然に関わる仕事の目安になってきました。

こちらのblogでは、七十二候の解説とともに、旬のやさいや料理の紹介や日本の良さをお伝えし、皆さんとともに自然のリズムで生活する知恵を共有することを目的としています。

リマインダ1.はるかぜこおりをとく

 f:id:shokubutsuryoku:20170205115215j:image

皆さん、こんにちは^ - ^

旬を懐かしむ「こよみ乃ごはん」×ももせあつしです♪

2/4からこよみは1.立春 東風解凍(りっしゅん はるかぜこおりをとく)になりました。移りゆく季節から自然のリズムを感じ、自然とのつながり、うちなる自分自身を懐かしみましょう。

f:id:shokubutsuryoku:20170205115158j:image 

東風とは春風のこと。実際の体感はまだ冬ですが、昼間の暖かな陽射し、木々の様、水に張った氷などに眼をやると、確実に季節は春に向かっています。

さあ、今年1年どんな年になるのか非常に楽しみです。

 

私事ですが、昨年はたくさんの方々にご縁をいただき、さまざまな種(タネ)をいただきました。

f:id:shokubutsuryoku:20170205121055j:image

ひとつめの種

こよみ乃ごはんの食レッスンでは、品川クラス、松本クラス、その他単発のクラスを持たせてもらい、お料理教室というよりは食の実験室のようなレッスンで、素材と向き合うこと、食の大切さ、作る楽しみなんかを微力ながらも発信出来たのではないかと自負しております。

 f:id:shokubutsuryoku:20170205121134j:image

ふたつめの種

「旬のおやさい御用聞き みつばちハッピ」では、明石農園さんの新鮮な自然栽培野菜を取り扱いさせていただき、地域の方に宅配をしたり、天王洲アイルにあるカフェ「tram stop tokyo」さんで販売させていただいたり、鎌倉のこだわりのほうとうや「ははは」さん、港区界隈の企業さんにもお届けさせていただきました。

f:id:shokubutsuryoku:20170205121328j:image

みっつめの種

植物力を食だけでなく、もっと生活に活かし、脱薬、脱有害石油系化学物質出来るよう5〜6年前に始めたメディカルアロマの取り扱いも、たくさんの方々にご利用いただき、アロマ香る健康的な毎日を送る仲間がたくさん増えました♡また、ハロウィンの日にパックリ割れた頭も病院にも行かず薬も使わずして、スッカリキレイになりました笑。

f:id:shokubutsuryoku:20170205122200j:image

よっつめの種

湘南遊映坐の活動にも参加させていただき、鎌倉と江ノ島で行う素敵な映画祭の運営にも関わらせていただきました。遊映坐は2017年で10周年の節目の年。今年の秋の映画祭、非常に楽しみです。

f:id:shokubutsuryoku:20170205122643j:image

いつつめ、むっつめ、ななつめ、やっつめの種

石草流いけばな奥平先生、バイオリニスト本郷さん、鉱物染めSachie先生、地球ヨガハヅ先生などなど、味覚だけでなく、視覚、聴覚、触覚と五感を刺激するイベントも数々参加&開催出来ました‼︎

f:id:shokubutsuryoku:20170205123558j:image

f:id:shokubutsuryoku:20170205123814j:image

f:id:shokubutsuryoku:20170205123915j:image

f:id:shokubutsuryoku:20170205124623j:image

他にもたくさんの種いただきました‼︎

そして、今年はもっとその芽を伸ばして行きたいと考えています。

 

◆食レッスンでは、より実験性と楽しみを膨らませ、新たな氣付きを得られる場に深めていきます。

◆ハッピでは、「美味しくて地球(カラダ)に良い」をテーマに自然栽培野菜の普及、廃棄野菜の有効活用を出来る環境を深めていきます。ちょっとオフィスをつなぐ面白いこと考えています笑。

◆メディカルアロマは偉大な植物力を体感&実感出来るワークを開催し、生活全般を見直していただける場を作っていきます。食アプローチから広げていきます。

◆その他、今年も自然に触れ五感を刺激するさまざまなイベントに参加&開催していきます。衣食住に渡って、提案出来るネタがいくつかあるんですー笑。

 

そして、自然と調和する生活の素晴らしさをたくさんの方々に知っていただけるように飛び回りたいと考えています。

 

はるかぜのように‼︎

 

今年も皆さんをたくさん応援していきますので、皆さんからの双方応援お待ちしております。

今年も楽しくやりましょうねー‼︎

f:id:shokubutsuryoku:20170205130049j:image

◆リマインダって何?

「こよみ乃ごはん」では、旬を感じ自然とのつながりを感じて生きていくことが自分自身の健康や美を保つ大切なキーワードだと捉えています。

しかし常に意識し続けることはなかなか難しいもの。

そこで5日にいっぺん届く「こよみ(七十二候)」をリマインダとし、日々移りゆく自然のリズムを自身のリズムとして身につけていただこうと考えております。

七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。

各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっていて、古来から農業など自然に関わる仕事の目安になってきました。

こちらのblogでは、七十二候の解説とともに、旬のやさいや料理の紹介や日本の良さをお伝えし、皆さんとともに自然のリズムで生活する知恵を共有することを目的としています。